Q:いいランドセルってどこを見て確認をすればいい??

A:太い糸で縫い上げ、さらに縫い目のピッチが揃っているかの確認。角の処理がきちんとされていて、左右の歪みがなく、しっかりとした箱型に仕上がっているか。大マチ上部を手で曲げるとソリが出ないか。背部のメリハリのある凹凸か。

背部の盛り上がりは、柔らかすぎず適度な硬さのウレタンが内蔵されているか。小さな子どもが扱いやすいように全体のラインが曲線を使ったやさしいフォルムになっているか。曲線部分のミシンの縫製がきちんとされているか これらの条件をクリアしている製品は、他の部分も丁寧に造られた、技術的にも機能的にも良いランドセルといえます。

Q:革は雨に弱いのでは・・・・??

A:以前、ランドセル用革は、ラッカー仕上げという処方でした。20数年前に宮内産業鰍ウんがウレタン仕上げという画期的なランドセル用革を開発して、ランドセル業界に参入後、革は雨に弱いという定説をくつがえされました。
その後も改良に改良を重ねた結果、現在使用している革の表面だけでなく、中にも防水材を染み込ませ、優れた撥水効果を維持します。

Q:どの色が人気??ツヤはあったほうがいい?ないほうがいい?

A:男の子は、黒の比率が高いですが、紺、モスグリ−ンもかなり多く、女の子は赤、ローズピンク、がほぼ同じ比率で、ワインも人気があり、モスグリーン、紺、黒を購入する人もいる。 個性が尊重される時代です。 ツヤ有りもツヤ消しも防水性や表面の強さは同じですが、強いて言うならツヤ消しのほうが、若干傷が目立ちにくい。 (ツヤ有りが傷つきやすいというわけではありません。)

以前は革製品も人工皮革も、ツヤのある素材のみでしたが、数年前からツヤ消しが出始め、現在はツヤ消しがツヤ有りを上回っている。しかし、少しツヤを落としたもの、極端に落としたものと、ツヤ消しにも色々あり、どこまでがツヤ消しといった明確な基準はない。

Q:本革か合成皮革かで迷っています。違いは何なのでしょうか??

A:軽さ、丈夫さ、使いやすさはほとんど差ない。特に本革の特長として言えば、永く使っているいるうちに出てくる「風合い」。

革はしなやかさが増して、使い手になじんで来る、独特のしっくり感がある。

Q:ランドセル用のクリーナーというのを売っているところがありましたが、必要ですか?

A:高価な専用クリーナーは必要ありません。普通の靴クリーナーが最適です。ごく少量を布にとってよごれをふき取り、その後乾いた布で乾拭きしてください。

Favorite

プラウド(野村不動産)
http://www.proud-web.jp/