ランドセルの誕生

ランドセルの歴史は、古くは江戸時代にさかのぼる。
幕末の日本に西洋式の軍隊制度が導入された際、布製の背嚢(はいのう)も同時に輸入され、軍用に供されました。これが日本のランドセルの事初めと言えるだろう。

明治時代になり、同10年10月に開校した学習院は、8年後の明治18年になって生徒の馬車や人力車での通学を禁止するとともに、軍用の背嚢(はいのう)に学用品類を詰めて通学させることになりました。この背嚢(はいのう)がオランダ語で“ランセル”と呼ばれていたことから、やがて“ランドセル”という言葉が生まれ、それは通学用の背負いカバンを意味するようになり、それが現在に至るまで受け継がれています。これが現在の形でのランドセルのルーツ。

ランドセル

当時のランドセルは今のリュックサックに近いものでしたが、現在のようなしっかりとした箱形ランドセルの誕生は早く、学習院で“ランセル”が採用された2年後の明治20年、時の内閣総理大臣、伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝して特注で作らせたものを献上したのがその始まりとされている。

その後、背負うことによって、子供の負担が軽減できる、両手が自由に使えるなどの長所から、ランドセルは小学生用として広く普及してきました。お子様に必要なグッズですので、軽量化されたと言うことです。しかし、ランドセルは戦前まではどちらかといえば都会型とされ、地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的だった。

しかし、昭和30年以降になると、全国的にランドセル通学が普及し、日本の小学生にランドセルは欠かせないものとなった。
なお、世界中を見渡しても似たような背負い式の通学カバンはヨーロッパの一部で使用されているに過ぎず、ランドセルは日本独自のものといえるだろう。日本と世界のランドセルを比較してみるのも面白いかも知れません。

☆ランドセル豆知識☆

昭和16年頃、ランドセルは1個9円80銭。この値段は決してお金持ちでなければ買えないというものではなく、一般の家庭でも普通に手が届く金額だった。しかし、どちらかといえばランドセルは都会型の商品であり、地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的だった。

昔も今も、ランドセルは使用する人も目的もはっきりしているので、機能にはほとんど変化がない。しかし、以前は「ランドセルは子供が使うものなのだから、丈夫でありさえすればそれでいい」といった考え方が主流で、当時のランドセルは現在の仕切りのような機能が一切付いていない、シンプルな作りのものでした。そのため、本体の形は変わらないものの、重量は若干昔のものの方が軽かった。

戦前、ランドセルに使用される革は、ほとんどが豚の革だった。というのも牛革は高くて使えなったからで、当時牛革はもっぱら靴用とされていました。牛革のランドセルが出回り始めたのは、戦後しばらくした昭和26 年頃。

以前はサメやアザラシの革を使ったランドセルもありました。ともに革は丈夫でしたので、ランドセルの革として充分役に立ったと言われている。

ランドセルは消耗品であるため、使い終わった後はどうしようもないというのが実際のところだろう。しかし、なかには小学校時代の教科書やノートを入れてそのまま保存しているという人もいる。

こうした人々の願いをかなえるため、使用済みのランドセルを手のひらサイズに加工してくれる店もあり話題を呼んでいる。

☆ランドセルのカラーについて☆

color

昔は、ランドセルと言えば男の子は黒、女の子は赤、というのが当たり前でしたが、最近はランドセルもだいぶカラフルになってきています。全部で24色なんていうカラーランドセルを売り出したお店もあるくらい、カラーランドセルは普及してきた。

しかし、相変わらずの売れ筋はやはり黒と赤なのだそうです。地域によっても違いはあるかもしれませんが、地方に行けば行くほどその傾向が強くなるということはあるよう。だからと言って、都会がカラフルなランドセルがたくさん売れているかというとそうでもなくて、意外と定番カラーを購入される親御さんも多い。

その理由として挙げられるのが防犯上の問題。最近は物騒になってきているので、あまり目立ち過ぎて登下校の時に何かあっても困る、という理由で、奇抜な色はあまり親御さんには好まれないということで、男の子なら定番の黒のほか、濃紺や紺、深緑、女の子なら定番の赤のほか、ワインレッドや濃いピンク色がよく売れているよう。一概にみんな違っているのが良いという訳でもない・・。

ですが、ほとんどの地域では新入生の1年生や低学年の児童には、交通安全の黄色いカバーをつけさせることも多いので、低学年のうちはランドセルの色はあまり関係ないという話もある。
また、高学年になるとランドセル以外のカバンで通学する児童も出てくるという学校も多く、ランドセルを購入する時には子供が通う小学校の状況も確認しておくと参考になるかもしれません。

☆ランドセルの形・デザインについて☆

ランドセルはリュックタイプなので、他のショルダーバッグや手提げバッグなどと比較すると、より多くの学用品を運ぶのに大変適している。
同じ量の教科書やノートなどを別のカバンに入れて手で持ったり、肩からかけたりするのはかなり大変です。背中に背負うことで、他の荷物を追加で持つこともできる。
加えて、登校時に両手が自由になるという点もとても優れている。なぜ登校時に両手があくと良いのかと言うと、転んだり、何か事故に合いそうになったりした時に、両手が自由なら、手を使ってそれを回避することもできるまた、ランドセルがクッション代わりになって仰向けに倒れた時に頭を地面に強打することが避けられたという話もあるとか・・・。。

昔はランドセルと言えばかぶせるタイプの他に、デイパックみたいな四角いファスナータイプのランドセルもありましたが、最近はもうファスナータイプはほとんど見かけることはなくなり、かぶせタイプのランドセルが主流となりました。かぶせタイプのランドセルの良い点は、とにかく収納できる量が多いこと。
かぶせタイプのランドセル以外に、最近女の子に(というよりお母さんに?)人気があるのがリセバッグ風のランドセル。かぶせの部分が少し短くなっていて、錠前(ランドセルのかぶせ部分についている留め具の部分)がランドセルの底ではなくかぶせの真ん中あたりについている。
そして、形はちょっと横長になっていて、まさにフランスのリセエンヌみたいでとてもかわいらしいと評判なのですよ。リセ風ランドセルには、錠前が1つのタイプと2つのタイプがあるようです。普通のかぶせタイプのランドセルと比べると横のマチが薄いので少々収納が少ないというのが難点かもしれないですね・・・。

dezain

☆出産祝い☆

皆さんの周りには出産を控えた方や赤ちゃんが生まれた方はいませんか?そんな方がいたらぜひ出産祝いを贈りましょう!!心をこめた出産祝いならママも赤ちゃんも喜ぶこと間違いなし。

では、どんな出産祝いがいいでしょうか。お洋服は赤ちゃんのサイズやパパ・ママの好みがあります。趣味や好みの合うお友達にはあなたのセンスでお洋服を選ぶといいかもしれません。好みに関係なく実用的なものといえばおむつやスタイがいいでしょう。おむつもスタイも何枚合っても助かる品だと思います。

しかし、薬局で買ってきたおむつをそのまま渡すなんて…センスなさすぎですよね(笑)そんなときはおむつケーキがいいですよ!!おむつケーキは見た目も可愛くてなんと言っても消耗品のおむつという点。リボンやプリザーブドフラワーで可愛くアレンジしたおむつケーキを贈りましょう。
アレンジやデコレーションにはプリザーブドフラワーを使うのがポイント。普通のお花では枯れてしまいますが、プリザーブドフラワーなら枯れません。

アレコレおすすめを書かせてもらいましたが、一番大切なのは物でも金額でもなくお祝いの気持ちです!!めでたいシーンには気持ちをこめた素敵な贈り物でお祝いしましょう!!

おすすめWEBサイト 5選