世界のランドセル

国や民族が違えば、そこで生活する人々の文化や習慣等も違ってきます。通学カバンもその国によって形は色々あります。比べてみとその国の特徴が見えてきておもしろいですね。

ここでは、他の国はどのような通学カバンなのかを、ご紹介致します。

背負い式 日本のランドセル同様、背負うスタイルの通学カバン。
イギリス 韓  国 ノルウェー
通常「サッシェル」というカバンを使います。素材は皮革、ビニール、プラスチックなど様々。基本的に教科書はすべて学校に置いておくシステムが採用され教科書は持ち歩かないので、サイズは日本のリュックサックよりやや小さめ。 都市部では約8割の児童が日本のランドセルによく似た形の革製黒色通 学カバンを使っている。 リユックサツクに近い形のカバンを背負って登校する児童が一般的に なっています。

 

手提げ式 日本の中学生や高校生が使用しているような、手さげスタイル
ロシア インド ブラジル アルゼンチン
日本の学生用カバンよりは少し大きめで、やや薄いカバンを使っている。素材は皮革もしくはビニール。色は黒と茶色が圧倒的。 キャンパス地のアタッシェケースを少し小型にした大きさで、色や種類が豊富なのが特徴。なお、カバンはすべて学校から支給される。 日本のランドセルのように全国的ではありませんが、学校によっては制服と一緒に通学カバンも決められています市街地の子供たちには、とくに手さげ式のカバンに人気がある。 日本の学生カバンより小さめの、上蓋式の1本手の手さげカバンがよく使われている。

 

背負い兼手提げ

日本の学生手さげカバンに背負いひものついた、背負うことも手で持つこともできるスタイル。主にヨーロッパ諸国で普及しており、形態はほぼ一緒ですが、大きさ、色、素材にはそれぞれ国ごとの特徴がみられます。

ドイツ フランス イタリア
「ランシェン」という名の、日本の学生カバンよりやや大きい横長のカバンを使います。素材は天然皮革(牛革)、合成皮革、ビニールなどさまざまで、色も青、赤、黄、茶などカラフル。男子は青や茶、女子は赤を使うのが普通。 日本の手さげカバンよりちよっと小さめの「カンターブル」と呼ぶカバンが一般的。素材は革で、色は黒または茶色。日本同様、全国共通の通学スタイルが定着している国のひとつ。 横長の合成皮革製のカバンをよく見掛けます。色は比較的地味なもの。

 

決まった形の通学カバンがない国 教科書は学校においてあり、普段は持ち歩かないので、当然のことながら通学カバンはないという国や、教科書は持参するものの決まった形の通学カバンはないという国も少なくない。
オーストラリア アメリカ カナダ
「スクールバッグ」と呼ばれる通学カバンがありますが、形態は背負い式から手さげ式まで地域や学校に応じてさまざまで、それぞれが好みによって使用しています。素材は皮革やビニール。 勉強は学校だけでよいとの考え方から、教科書は学校が貸与するというシステムをとっているため、ほとんどの子供は手ぶらで通学します。 ここもアメリカ同様、手ぶら登校。
デンマーク インドネシア メキシコ
これという決まったスタイルの通学カバンはありません。各自が思い思いのカバンで通学しています。ただし、背負い式を使っている子供はあまりいない。 それぞれがまちまちのカバンで通っています。 教科書をはだかのまま手に持って通学するのが一般的なスタイル。

 

ショルダー式 日本では最近、あまり見掛けなくなった肩かけ式の通学カバン。
中   国 シンガポール
「ツーパオ(書包)」と言われる、日本の学生カバンよりやや小さめのカバンです。素材は布や皮革が多〈、色は地方によってまちまちで、例えば北方では緑色が好まれている。 ここで使われる通学カバンも中国と同じく「ツーパオ」と呼びますが、形は異なっており、どちらかというとランドセルに近いもので、これを肩にさげて登校します。素材は合成皮革や布がほとんどで、色はベージュ、茶色、白が普通。

recommend