重さについて

ランドセルの重さは、大体750〜1500gぐらいランドセル自体の重さに教科書などの学用品の重さが加わりますから、背負う時の重さは5kgほどになる場合もある。超軽量と言われているランドセルには800gを切るものが多い。

一般的にランドセルの素材として知られるクラリーノに代表される人工皮革には軽量のものが多く、牛革は人工皮革に比べると多少重くはなりますが、昔の牛革と比べると、技術改良が進んでだいぶ軽量化も進んでいる。時代と共にランドセルも徐々に移り変わっているようで、昔はランドセルと言えば牛革製のランドセルが主流でしたが、ここ最近はクラリーノなどの人工皮革製のランドセルが主流になってきている。

ランドセルの耐久性

耐久性についてですが、現在市販されているランドセルについては、ある一定の値段(市価で2万円以上)のものであれば、ほぼ耐久性については問題はないです。 昔は、耐久性を求めるなら牛革、軽さと耐水性を求めるならクラリーノなどの人工皮革と言われていましたが、現在では、技術の進化によって、それ程の差はなくなってきている。

女の子の場合はそれ程心配はありませんが、男の子の場合は、耐久性にも配慮した方がよい。有り余る元気のパワーの恩恵を受けてランドセルも影響大でボロボロ・・・なんていうことも男の子にはよくあることですね。修理が必要になることが多いのも男の子のランドセルが圧倒的に多い。

機能性は?

機能についてですが、ランドセルの機能としてよく言われるのが背カンの部分のスライド。背カンと言うのは背負いベルトをかばん本体につける留め具の部分のこと。普通のリュックなどでは、通常はこの背カンは縫い付けられていて、スライドするような仕組みにはなっていませんが、ランドセルの場合は、成長に伴って肩幅も大きくなりますから、その体格の変化に応じて体にフィットしやすいようなスライド機能がついていることがほとんど。

現在市販されているランドセルで「天使のはね」「フィットちゃん」「フリフリ背カン」「スライド背カン」「スイング背カン」「NEWのびのびメカ」などの名前の機能には、形状に違いはあっても体格に合わせるという点ではほぼ同じ効果がある。

男女背最適なランドセルは

男の子は元気にランドセルを扱うことが多いので、丈夫なものが向いていると言われている。素材でいうと、コードバンや牛革なら丈夫なので、少々乱暴に扱っても耐久性に優れている。

ただ、前述の素材は少々重さもあるので、体格の良い子向きです。軽いものでも廉価な人工皮革のランドセルは、耐久性に不安もありますので、活発なお子さんでランドセルを投げたりすると、破損してしまう場合もある。購入の際は値段だけでなく、耐久性や強度にも配慮することもお忘れなく!


傷のつきにくさを重視するのであれば、ピカピカしたつやありのものではなく、つや消しタイプの皮のランドセルの方がおすすめ!!。表面に光沢があると目立つ傷がついてしまうとちょっと気になってしまいますが、つや消しだと意外に気にならないという利点もある。

ランドセルのカラーとしては、男の子向けは一般に

  1. 「黒」
  2. 「こげ茶」
  3. 「紺」
  4. 「濃紺」
  5. 「ブルー」
  6. 「水色」
  7. 「黄色」
  8. 「緑」

が多いと言われている。
女の子は男の子と比べると、軽いランドセルが向いていると言われている。軽さで選ぶのであれば、やはりクラリーノなどの軽量化されている人工皮革のランドセルが向いている。また、軽さで選ぶのであれば、ナイロン製のものを選ぶという選択肢もある。女の子であれば、傷もあまり心配ないでしょうから、光沢のあるつやありの皮素材を使ったランドセルでも問題ないでしょう。

女の子の場合は、色にもこだわりたいという人が多いようです。昔は女の子は赤いランドセルというのが定番でしたが、最近ではピンク色を選ぶ人も増えているようです。女の子だとリセタイプのちょっと横長のものがカワイイ!とこだわりを持って選ぶお母さんも少なからずいるみたいです

ランドセルのカラーとしては、女の子向けは一般に

  1. 「赤」
  2. 「ワイン」
  3. 「ローズ」
  4. 「ピンク」
  5. 「オレンジ」
  6. 「黄色」
  7. 「茶色」

が多いと言われている。

おすすめWEBサイト 5選

TBC
http://www.tbc.co.jp/